三日ぼうず小町のだらだら日記

アクセスカウンタ

zoom RSS レベル7

<<   作成日時 : 2012/04/08 15:53   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

「レベル7まで行ったら戻れない」


そんなキャッチコピーが印象的だった作品ですね。
もうだいぶ以前に読んだので、内容はほぼ全忘却ですが(笑)

私にとって宮部みゆきという作家は、小野不由美や松岡圭祐のように
何度も読んで味わいたい爽快感とか達成感とか
そういった要素はあまり無くて、大抵は一度読んで終わり。
だから一年も経つとだいたい内容は覚えていない。
でも他の作品も絶対に面白いだろうな、という安心感があるので
ほとんどの作品は読んでいます。

レベル7もその中の一作。

今度玉木宏主演でドラマ化すると発表になって


TBSスペシャルドラマ企画 宮部みゆき・4週連続 “極上”ミステリー
  【5月28日放送  最終夜 『レベル7』】

http://www.tbs.co.jp/miyabe-gokujou/


書店を時々覗いていたところ、ようやく帯に写真が付いた文庫本を発見。
まだ買っていないですが近いうちに手に入れるでしょう。


宮部作品では時代物が好きで、そのうちに「ぼんくら」なんかを
玉木くんで見たいなーなんて思っていたりしたのですが。
主人公はうだつの上がらない同心・井筒平四郎というぼんくら役人で
玉木くんでは少しイイ男過ぎ?かもしれませんが
「馬づら(同類項:鹿顔、ミラパケッソ顔」という表記と
いつでもヘタレ男に変身できる(笑)演技力で、なんとかなるだろうと。

ぼんくらシリーズの最新作「おまえさん」を読み終えたばかりで
そんなことを考えていた矢先の「レベル7 主演!」発表でした。

薄ぼんやりとした記憶だと、レベル7は二つの全く無関係に見える事件が
途中から物凄い勢いで集約されて行き、事件解決に至る過程が秀逸だったはず。
その辺の「うわうわわわ、きたきたーー!!」って感じを
どれだけ映像作品として魅せられるかにかかっています。
主人公が記憶を失くしているという冒頭のミステリアスな雰囲気は
玉木くんにかかったらお手の物だと思いますのでやっぱ肝心なのは脚本。

宮部作品はなぜか実写化に成功作が少ない、とよく言われますので
そのあたり、なんとか頑張って良作にして欲しいものです。

近いところでは、上川一豊兄主演の「火車」を見ましたが、
あれはヒロインの佐々木希さんが最後の瞬間まで一言も喋らないことで
佳作に仕上がってましたが(←え?)
ステップ・ファーザー・ステップは上川兄上ではちょっと年齢が…ということで
一度も見なかったです。はい。
木村佳乃さんの「魔術はささやく」にいたっては……
あれ?あれ?(詳細は忘却だが)とっても面白い話のはずなのに、、あれ???
みたいな。

ま、私が知ってる原作の映像化に玉木くんが関わるというのは
非常に希少価値な出来事なので、それだけでも楽しみです。
あ、三国志も大好きなので銅雀台も楽しみ!

つか、玉木くんが三国志の世界に足を踏み入れる日が来ようとは
これっぽっちも露ほども想像したことなかったよー。
穆順なんて超マニアックな役なのがまた…。
中華圏の映画はダイナミックで華麗な印象があるので
その中でも一際映えるであろう玉木宏の美貌に注目ですな。

最後に。

義朝もがんばれっ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レベル7 三日ぼうず小町のだらだら日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる