三日ぼうず小町のだらだら日記

アクセスカウンタ

zoom RSS チンチラ猫たち

<<   作成日時 : 2005/11/11 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

わーい、新しいテンプレだー(って気付くの遅い?)
猫のテンプレは使っておかないとね、やっぱ。
使うからには猫の話もしないとね、やっぱ。

うちのチンチラ猫2匹。
シルバー♂のタナと、ゴールデン♀のチェリ子は、一緒に暮らし始めて2年近く経っても全くこれっぽっちも仲良くなる気配がありません。昼寝も夜寝も餌場もまったく別。
縄張りを荒らされた時はどちらも、ふーっ!シャーッッ!!で反撃し、荒らした方は猛ダッシュして逃げ隠れする(だったら荒らすなよ)

そんな仲の悪い2匹も、どのみち狭い家の中で本当の意味での縄張りなんて無いに等しく、時間とシチュエーションによって「なんとなく、今はこっちが優性」っていうのが決まっているという程度。
ニアミスもしょっちゅうなので、怒る時も多いけど、そろ〜〜り、そろ〜〜りとやり過ごすこともよくあります。

お互いの距離を測りながらすれ違う時、なぜか片方は止まってじっと相手を見つめ(睨みつけ?)そろ〜〜りと歩く方は絶対に相手を見ないのが鉄則のようで。
間違って目が合うと、もう瞬間湯沸し器のような勢いでだだだだっっっ!!と、鬼ごっこが始まります。
見ていていつも面白いのは、相手と最接近している時にかぎって、そろ〜〜りそろ〜〜りのゆっくりした動きになるんです。
その場を早足でとっとと過ぎてしまえば危険はないのに、わざわざ時間をかけて通り過ぎるのはなんなのか?

タナよりも6歳も若年のチェリ子の方が、どちらかというと神経が太いタイプで、よくタナを挑発します。
だいたいタナがくつろいでいる時(寝てる時か毛づくろいをしている時)に、わざと側まで行ってじっ…!と見る。
見られたからってどうってことないと思うのに、やっぱり何かこう圧迫感を感じてイライラするんでしょう。チェリ子の視線に気づいた時、タナはくつろぐことを止めてしまいます。それでもいつもは我慢するタナ…。
それが、空腹時に爆発。

お腹が空いていると、ただ普通に歩いているだけのチェリ子を、後ろからダッシュで追いかけて行って、バシバシっと叩く(マネをするだけ)。
通りかかった母か私の足をネコパンチする(本気パンチ)。

今朝なんて、チェリ子がいつものようにタナの餌場で水を飲んでいたんです(いつもかよ)。
それを遠くから見つめるタナ。
そして私はタナの横を通りかかりました。すると、すっと右足に手を乗っけてくるんですよ。まるで反省ザルの次郎くんのように。
「なに?」って聞くと、タナは徐々に力を入れてきて、爪がにょっきりと私に食い込んできました。いてーよ!

っていうか、なんで当ネコ(チェリ子)には「叩くフリ」とか「睨むだけ」で、人間にはマジなのさ。
すると母が「ネコの責任は飼い主の責任と思ってるんじゃないの?」とシラっと言います。
「でも、あれ(チェリ子)の飼い主はあんた(ぼうず)なのに、なんで私まで叩くのかしらねっ?」って、自分がやられると甚だ不満な様子。

そりゃああんた、娘の責任は親の責任だわよ。ふん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うちも、2匹が接近するときに片方が顔を舐めて挨拶しています。優劣はやはり一緒でその日によって違うようです。ベストポジションとったもん勝ちみたいなところあります。
運動会は毎日で、いつも、鬼と追われる側を決めてやり合っているようです。猫の遊び方とか、縄張りって不思議ですよねー。
癒し猫
2005/11/11 20:35
コメントありがとうございます。うちの「あれ」は、運動会なのかは甚だ疑問ですが、猫飼うのも1匹より2匹の方が見てて楽しいですね。思わぬ発見というか、展開が予想できなくて。仲が悪いのに実は適当なところで妥協していたりとか。飼い主と1対1より健全かもしれない。
ぼうず
2005/11/13 02:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
チンチラ猫たち 三日ぼうず小町のだらだら日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる